おうちホームステイの山内勇樹さんが凄いということなので、いろいろと調べてみました。

おうちホームステイの漫画を読む

おうちホームステイの山内勇樹さんとは

山内勇樹さんについて調べれば調べるほど、私の学生時代とは全然違うなぁと、驚くばかりで、私ももっと勉強しておけばよかったと思います。

 

いまとなっては、山内勇樹さんのおかげで英語が話せるようになりまして、その凄さをますます実感しているところです。

 

そもそも、私が山内勇樹さんの存在を知ったのは、友人の話からでした。

私も友人も学生時代はあまり勉強に打ち込んだことがなく、特に英語は散々なものでした。

しかし、会社員となり、さらに英語を使う部署に配属されてしまったため、どうしても英語を身につける必要がありました。

私は田舎の出身なので周りに英語をしゃべる人もいなければ、外国人もほとんど見たことはありませんでしたが、東京にきて実感するのは、英語を喋れる人が本当に多いということ。そして、外国人もほんとに多い。

さらに英語が喋れるかしゃべれないかで、収入もかわってくるということ。

これは頭がいいとか悪いとか、仕事が出来るか出来ないか、の問題とは全く関係なくて、英語が喋れるかどうか、が収入に大きな影響を与えるということです。

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語はチャンスを広げる。当たり前の話

英語を喋れるということが、チャンスを大きく広げることになるので、結局は自分に合う仕事に着くチャンスが増えるということです。

当然ながら、自分に合っている仕事、得意とする仕事をしていたほうがパフォーマンスも上がるので、それだけ収入も上がる、ということです。

そもそも、いまやっている仕事が自分に合っているかどうかなんて、誰にもわかりません。

自分で自信を持ってこれが天職だ、と言える人は少ないと思います。

天職にめぐりあうためには、いろいろな仕事をやってみるしかありません。

ここで、英語が喋れるというのが生きてきます。

 

英語が喋れるだけでも仕事を選べる

英語がしゃべれるだけで、仕事を選べる範囲が大きく広がるからです。

話せるか話せないか、その違いは本当に大きくて、正直なところ話すことさえ出来れば、仕事が出来るかどうかはあまり関係ないような気もします。

 

私自身、外資系企業に務めていますが、外資系の日本人社員が全員英語がペラペラか、というと全くそんなことはなく、意外と喋れない人が多いのだな、というのが正直な感想です。

 

だからこそ、英語をちゃんと話せるということがかなり大きなアドバンテージになるのです。

私も、英語が喋れる、というだけで同級生の日本人よりもかなり収入が高いです。

日本人が日本企業で、日本語で、日本の仕事をする、なんていうのは当たり前のことなので、いろいろと比較されてしまいますが、日本人が外資系企業で英語で日本の(あるいは海外の)仕事をする、というのはまだまだ需要があるのだなと思います。

 

英語が喋れる日本人は外資系求人がすごい

やはり、日本人ならではの慣習や文化がありますので、日本に進出したい外資系企業は、日本の市場に食い込むために、日本の商習慣にアテンドしてくれる社員が欲しい、のです。

結果として、英語が喋れる日本人、という価値があがるのです。

外資系の企業からすれば、日本でのアテンド役、という位置づけで重宝されますし、日本側の企業からすると、外資系で英語を話して仕事をしている日本人(勝手に優秀と勘違い)という位置づけになるため、どちらからも重宝されて、結果価値があがるということなのです。

 

よく、英語が喋れるかどうかが重要ではない、英語は単なるツールだ、という人たちがいますが、そういう人たちは、周りがペラペラ、自分もペラペラ、とか英語の価値に気づいていないか、だと思います。

 

百歩譲って英語は単なるツールだ、としましょう。

では、ツールすら使えない人にチャンスは来るでしょうか?

仕事の道具すら使えない人にチャンスは来ませんよね?

 

 

英語が必要になったら、では遅い

英語を覚える必要が出てきたら、勉強する、という人がいますが、ハッキリ言いましょう。

英語を話せない人に、英語を覚える必要なんて来ません。

英語が少しでも話せれば、より英語を使う仕事は来るかも知れません。

要するに、英語を少しでも話せるか話せないか、は大きな格差があるということなのです。

 

英語を話す、というのがいかに重要なのかを力説しすぎて、ちょっと話がずれてしまいました(汗)

山内勇樹さんについて調べた話をしようとしていたのでした。

 

山内勇樹さんは英語のスペシャリスト

山内勇樹さんは、英語のスペシャリストであることは間違いありません。

そもそも、経歴がものすごいです。

カリフォルニア大学を卒業し、日本の官僚に英語を教えるくらいですから、先生の先生というレベルです。

 

ここまで行かなくても良いのですが、ちょっと考えてみてほしいのです。

山内勇樹さんの仕事はなんでしょうか?

ものすごく端的に言えば、英語の先生、です。

 

つまり、英語がペラペラであることは、それだけでも飯のタネが1つ増えるということなのです。

英語が話せるというのは1つのスキルであることがわかると思います。

単なるツールではないのです。スキルなのです。もちろんレベルの違いはありますが、将来食いっぱぐれしないようにするためにも有効なのではないでしょうか。

 

山内勇樹さんレベルになれば、先生の先生ですから、当然そこらへんにいる英語の先生よりは収入が上なわけです。

もちろんそれだけ努力もしなくてはならないし、教えるのが上手でなければなりません。

その点山内勇樹さんはものすごく努力され、もともと塾講師であったため、教えるのもすごく上手です。だからこそ、これだけ有名になっているし、自ら英語学習のカリキュラムも開発できてしまうのです。

 

英語を学ぶ方法は何でも良い

私は英語を学ぶためにはどんな方法でも良いと思っています。

そもそも、私が英語をどうやって喋れるようになったかということ、裸一貫で海外にでかけて、そのままなんとか頑張った、という体当たり的なものですから、まともに塾に行って習ったりはしていません。

 

でも、この方法はあまりおすすめ出来ません。なぜなら覚えるのも効率が悪いし、なにより文法的にあまり正しくないものもそのまま覚えてしまうからです。

 

よく、長年日本に在住しているけど、日本語文法がいまいちな方々がいると思いますが、ああいう感じの英語になってしまうのです。

例えば日本の大学で日本語を学んだ人は、若くても日本語をとても上手に、そして文法的のも間違いの少ない日本語を話します。

これは、体系的に日本語を勉強しているからであって、やはり英語も体系的に学んだ方がいいと思います。

 

 

英語の同時通訳者でも海外に行ったことがない

私の知り合いに、日英の同時通訳を仕事にしている人がいます。

なんと彼女は、その仕事につくまで海外に一度も行ったことがないという猛者です。

これはかなり衝撃だと思います。彼女の英語は本当にキレイで、仕事もひっきりなしです。

 

最初は英語をとにかく話せるようになる、ということで、がむしゃらに単語を覚えていったそうです。そのうちに、英会話ができるようになり、英語を使う仕事に就きました。

そこからさらに英語を磨いて、同時通訳をするようにまでなりました。

 

同時通訳をするようになって初めて「海外の文化を知らないとうまく訳せない」ということを通関して、いまでは何度も海外に行っています。

 

彼女の例は極端かも知れませんが、英語が堪能なひとでも、意外と海外未経験という人は少なくありません。

つまり、海外に行くかどうかはあまり関係がないということです。

 

これも、私が英語の勉強方法は何でもいい、という根拠です。

では、どうやって勉強するのが一番効率よく、しかも、ちゃんとした英語を学べるか。

おうちホームステイの漫画を読む

英語学習のステップ

英語の学習にはいくつかステップがあります。

  1. 英語をインプットする
  2. 英語を使いながら(アウトプット)しながらインプットする
  3. 英語で話しながらトライアンドエラーを繰り返す
  4. さらにインプットする

というのが英語を学習するステップです。

基本的にはとにかくインプットが大事です。よく「話さないと覚えない」という人がいますがこれは間違っていて、話すということは、インプットの効果を高めているだけで、話さなくても適切にインプットすれば覚えます。

 

子供が母国語を覚えるために、ペラペラ話したりしません。聞いて覚えることを二年以上、そして話しながら親に直されてトライアンドエラーを繰り返していくのです。

 

つまり、適切にインプットして、そのインプットした英語が間違っていないか適切に判断してくれるひとがいれば、別に海外に行く必要なんて全く無いということです。

 

おうちホームステイの漫画を読む

おうちホームステイはステップに沿っている

山内勇樹さんの開発したおうちホームステイは、まさにこの方法を実践している教材です。

まあ、英語の先生の先生が作っている教材ですから当たり前ですね。

私がこうして説明するよりも、無料のメルマガとかを購読したほうが早いかも知れませんが、せっかく調べたので説明します。

 

まず、おうちホームステイはとにかくインプットが効率的です。

段階的によく使う日常会話から覚えられるようにカリキュラムが設定されているので、非常に効率よく単語や会話を覚えていくことが出来ます。

それもそのはず、山内勇樹さんは、最初から英語が話せたわけではなく、努力をして英語を話せるようになった人。

つまり、私達のように英語をこれから覚えよう、という人の気持ちが痛いほどわかる人なのです。

だからこそ、効率よく覚えられる、そして楽しく出来るカリキュラムが誕生したのです。

無料の動画もたくさん見ることが出来るので、まずは無料の動画を見てから決めても良いと思います。

 

 

英語を話せる私からしても、非常に良く出来ている動画とカリキュラムです。

しかも、無料でここまで見せていいのかな、と思うくらい充実しています。

無料動画と無料メルマガだけでも、そこそこ話せるようになってしまうのでは?という充実ぶりです。

 

しかも無料メルマガ登録して、気に入らなかったら解除すればいいだけなので、とりあえずやってみない手は無いですね。

 

だいたい英語を話せない人って、このあたりのファーストアクションが遅いと思います。

やろうと思ったら、とりあえず登録するなり、英語で動画みるなり、やれることはたくさんあると思うのですが、生きた英語がいいからだの、ネイティブスピーカーがいいだの、理由付けをしてやらない人が多いです。

 

私のように、英語を喋りたいから海外だ、というのは全くオススメしませんし、やらないほうがいいと思いますが、最初のステップを踏み出す、という点では過去の自分を褒めてもよいかなと思ってます。

 

実は私もメルマガ購読してますが、非常に勉強になります。ずっと無料で読んでて山内勇樹さんには申し訳ないのですがw

 

おうちホームステイの漫画を読む

おうちホームステイの最大の特徴はAIスピーカー

そして、おうちホームステイの最大の特徴はAIスピーカーを使うこと。

AIスピーカーって、やっぱりそんな高いもの買わなきゃダメなの?と思ったかも知れませんが、違います。全然違います。

 

AIスピーカーはいまではそんなに珍しくありません、GoogleHomeやAlexa、LineスピーカーもAIスピーカーです。もっと言ってしまえば、スマホもAIスピーカーと言っていいかも知れません。

つまり、いま持っている機器で十分に対応出来るということです。

 

このAIスピーカーが、学習者の強い味方となります。AIスピーカーはものすごく賢くて、英語の発音が正しく出来てないと、ちゃんと指示に従ってくれません。要するに、AIスピーカーがちゃんとした発音が出来ているか判断してくれると言うわけです。

 

つまり、インプットを効率的にして、そのインプットした英語を試しに使って、それを判断してくれる。あれ?どこかで見たことありませんか?

そうです。まさに、英語学習のステップそのものなのです。

  1. 英語をインプットする
  2. 英語を使いながら(アウトプット)しながらインプットする
  3. 英語で話しながらトライアンドエラーを繰り返す
  4. さらにインプットする

この方法をそのまま楽しく手軽に出来るのがおうちホームステイというわけです。

 

だから、おうちホームステイがこれだけ話題になっているのだと思います

実際におうちホームステイを使って、海外の大学に合格している人が500人以上いるというのだから、納得です。

 

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語に苦労した山内勇樹さんだからこそのツール

山内勇樹さんも苦労して海外の大学で学んだからこそ、このツールが開発されたのだと思います。

私達がなんで英語を覚えられないのか、話せるようにならないのか、山内勇樹さんは自分の苦労を通して全てわかっているというわけです。

 

自分がした苦労をしてほしくない、ということで開発されたとのことですから、非常にありがたい話です。しかもAIスピーカーに目をつけたところが凄いですよね。

この方法を10年前にやろうと思っても出来ないのですから、まさにいまの時代にあった英語の勉強方法だと思います。

 

勉強勉強といってますが、そもそもあまり勉強をしているという感覚にならないのも、おうちホームステイの凄いところです。

私は海外のホームステイ経験がありますが、その時もホームステイしている時はこれは英語の勉強だとは思っていませんでした。

勉強勉強、と思って毎日過ごすわけには行きませんし、なにより必死にただ生きていたwというだけなので、勉強している、という感覚はありません。

 

おうちホームステイも同じことで、動画をみて、AIスピーカーでゲームをしているようなものです。

正しく発音出来れば正しく反応してくれるし、うまく出来なければ再度やってみる、というのを繰り返すだけです。

 

だから、どちらかというとゲームをやっているのに近いです。ゲームをしながらいつのまにやら英語が話せるようになっている、というのがピッタリだと思います。

そして何より良いのは、学校のように時間に縛られないこと。

 

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語を学ぶのに時間をとられたくない

英語スクールに通ってやろう、となると、どうしても時間割に左右されてしまいます。

そうなると、友人との予定も入れられない時があるし、忙しくてなかなかいけない、ということがデてきてしまいます。

 

そのうちに、行くのが面倒になって長続きしない。。

多分、英語を勉強して何度も挫折している人は、こんなパターンじゃないかなと思います。

私も、このパターンだったので思い切って海外に行ったわけですが。。何度も言いますが絶対におすすめしません。

 

おうちホームステイなら、自分がやれる時に、やりたい量をやればいいだけです。しかも、さぁ勉強するぞ、やる気を出すような必要もなく、なんなら気が向いた時にAIスピーカーに話しかける、というのでも全然OKです。

 

 

これがおうちホームステイの偉大なところです。

勉強をしているつもりがなくても、勉強になってしまって、しかも、いつでもそれが出来てしまうのです。私も海外に行く前にこんな仕組みが欲しかったですほんとに。

 

どんな生活をしていても、例えば寝る前30分とかは時間が作れると思います。

なんなら、朝起きて15分。寝る前に15分とかでもいいと思います。

無料動画をみて、それでAIスピーカーに話しかける。あとはゲーム感覚で続けてみる。

たったこれだけです。これを続けるだけで(といっても勝手に続きますが)英語が話せるようになるのですから、山内勇樹さんは良くこんなこと思いついたなと、最初に仕組みを知った時は本当に凄いと思いました。

 

もし私が海外に行く前にこれを知っていれば、もしかしたら海外に行かなかったかも知れません。

そのくらいすごく良く出来ているなぁという印象です。

 

仮にそれでも海外に行っていたとしても、おうちホームステイを使って勉強をしていれば、海外でもう少し苦労せずに済んだのにと思います。

 

ということは、いま海外に行こうかな、英語をもう一度勉強しようかな、と思っている人はとりあえずおうちホームステイを始めてみると良いのではと思います。

宣伝みたいになってますがそういうことではなく、山内勇樹さん自身も英語で苦労したからこそ、このツールを開発したわけで、同じような苦労をしてもしょうがないですよね。

こういう時に一歩を踏み出さない人って、オリジナリティにこだわったり、自分には自分のやり方がある、という人で、それでもいいとは思いますが、それでこれまで英語が上達したんですか?ということなんです。

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語を学ぶ方法はたくさんある

英語を学ぶ方法は無数にあります。本屋に行っても、ラジオに聞いても、テレビを見てても、いろいろな方法に触れることが出来ます。

それを全て試してみよう、とは言いませんが、いろいろなものをやってみないかぎり、自分にあってるかどうか、はわかりません。

 

特に私が思うに、学生時代とは違って、勉強が楽しくなければ絶対に続きません。

よく、1つの教材に絞ってとにかく続けることが大事だ、という人もいるのですが、それだと本当に続かないですよね。

英語が必要で、どうしてもやらなきゃいけない、という場合はそれなりにモチベーションもあるので、1つの教材を根気よく続けるというのでも続くとは思うのですが、そうでない場合は、そもそも英語がなくても仕事がなくなったりしませんし、生きていける状態だと思います。

 

そうすると、英語をやろう、というモチベーションってそうそう無いのではないかと思うのです。

だからこそ、本当に自分が楽しく、続けられるもので無いと英語も上達していかないと思います。

 

いろいろと教材を試して、やっぱり長続きしなかった、と諦めてしまったり、モチベーションを下げるのではなくて、いろいろと試しているのだから当然飽きるものもあるし、自分に合わなかった、という風に考え方を変えると、結構続くようになります。

 

 

おうちホームステイの漫画を読む

山内勇樹さんのノウハウが無料でもらえる

特に山内勇樹さんは、自分で苦労をして英語を学んだ経験から、手軽に続けられて、楽しいツールでないとダメ、ということがよくわかっています。その考えを織り込んだのがおうちホームステイなのです。

 

しかも、何度もいってますが無料のメルマガも、動画もあるのですから、なぜ試さないのかさっぱり理解できません。

本屋に行って1,000円の本を買って、やっぱり続きませんでした、となるよりもよっぽどコスパもいいし、なにより手軽です。

 

もう一つ、いろいろと教材を試すと良いことがあって、例えば10個の教材を1ヶ月かけて試したとすると、その1ヶ月って、他の1ヶ月間よりもずっと英語に触れている時間が長いんですよね。

つまり、自分では長続きしなかったーと思った教材でも、長続きしないものをずっと試し試し続けていると、それだけでそこそこ英語の勉強時間にはなるのです。

ここに気づかない人って結構いるのでは、と思います。

 

だから、三日坊主でもなんでも全然良いと思います。

それよりも、英語に触れる時間を長くすることが大事です。そのためには自分が飽きないように色々な教材を試すのもありだし、別に毎日字幕の映画をみても良いと思います。

何もやらないよりは全然マシですし、そのくらいの気持でいたほうが長続きすると思います。

 

もちろん、期限が決まっていて、TOEICで何点とらなきゃいけない、という場合はまた別問題になると思いますが、いま必要に駆られているわけではなく、将来のために、ということであればそのくらい楽な気持ちでやったほうが良いです。

 

 

そのためには、高い教材とかを使うよりも手軽に始められるものを選ぶべきです。

例えばスピードラーニングとかは、結構な金額なので気合を入れて買わなくてはなりません。

それで、飽きてしまったらどうでしょうか?

 

いや、それよりも怖いのは、高いお金出して買ったんだから、なんとしても続けなきゃ、と無理やり続けてしまうことです。

いやいや続けていると、勉強そのものが嫌いになって、英語から遠ざかってしまいます。

せっかくやる気を出して、教材を買って英語を覚えようとしたのに、それでは全く意味がありません。

 

だから、重要なことは手軽で長続きすることなのです。

 

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語は楽しむことが大事

私も、海外に行ってまず決めたことは、「楽しもう」ということでした。

海外に行って、周りは英語しかなくてかなり追い込まれた環境ではありましたが、楽しむことは自分の気の持ちようでどうにかなると思っていました。

 

自分が楽しもうと思わない限り、楽しむことは出来ませんので、なんとしても楽しんでやるぞ、と考えています。英語が喋れなくても死にはしませんし、ボディランゲージでもなんとか伝わります。実際、なんとかなりましたw

 

無論、途中から本気で英語をやらなきゃダメだ、と思って本気で勉強しましたが、それまでは気楽なものでした。

 

そんな私の性格もあるかも知れませんが、おうちホームステイをやるときも、あんまり何も考えてませんでしたw

 

私は英語を話すことは出来ますが、日本にいるとなかなか英語を維持するのは難しくて、それこそ字幕の映画を見るとか、英語の本を読む、ということでキープしています。

 

日本で世間にあふれる英語教材も、結構な量を試しています。

これは、私自身が英語について聞かれることも多いですし、英語を維持するために英語に触れることも必要なので、この両方を兼ねてやっているという感じです。

 

もちろんスピードラーニングも試してますよ。あれはどちらかというと上級者向けな気がしますが、続いているひとはいるのでしょうか?

 

 

おうちホームステイの漫画を読む

おうちホームステイはAIスピーカーで楽しい!

おうちホームステイについては、私はもう無意識のうちにAIスピーカーに英語で話しかける用になりました。

私にとっての一番の発見は、こういう使い方があったか!と気づけたことですね。

これだけでも、おうちホームステイをやった意味はあったと思います。

そもそも私が興味を持ったきっかけもこの部分で、一体どこの誰がこんな方法を思いついたんだろう?という疑問からでした。

 

そしたら、山内勇樹さんに行き着いたというわけです。

そしていろいろと調べたら、山内勇樹さん自身が英語で苦労をされたということを知って、なるほどなぁ、と思いました。

 

そして私とは違って、高学歴!ここがポイントです。

私みたいに体当たりで英語を覚えた場合、英語を教える方法論がなくて、体系的に教えることができないんですよね。

だから、英語を教えて、と言われても一体どこからどうやって教えたらスムーズに英語が身につくのかがわからないw

 

ところが山内勇樹さんは自分で英語を苦労して覚える段階で、おそらく無意識だとは思いますが、どうやって英語を学べばもっとも効率的か、というのを考えて実践していたのだと思います。

そうじゃなければAIスピーカーなんて思いつかないですし、メルマガも動画も作れません。

 

私が動画を作ったら、とっ散らかった英語の話をして終わると思いますw

いまもちょっととっ散らかってる気はしますが、気にしないようにしましょう。

 

ということで、私が山内勇樹さんについて調べたことをまとめておきました。

自分でまとめたことをちゃんと残しておくといろいろと便利だと思ったので、こちらに記しておきます。

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語は初めの一歩が大事

おそらく、この記事にたどり着く人は、おうちホームステイに興味を持ったとか、山内勇樹さんの評判について調べている人だと思うんですよね。

 

私から言えることは、おうちホームステイはオススメ出来るし、山内勇樹さんもちゃんと英語に向き合ってる人で、ネットにある評判は宛にはならないよ、ということです。

 

まあここまで読んでくれた人はおそらく気づいていると思いますが、そもそもおうちホームステイがどうだ、とか、山内勇樹さんの評判がどうだ、と調べている暇があるなら、とっとと無料メルマガ登録して、無料の動画を見てみたほうが良いよ、ということです。

 

実際に試してみない限り、自分にあうかどうかは本当にわかりませんし、手軽に試せるものがあるなら三日坊主でもなんでもいいからとにかく試してみたほうが良いと思います。

 

おうちホームステイじゃなくても、良いです、世の中にはいろいろなツール、教材、カリキュラムが溢れてます。youtubeでやるのでも構わないと思います。

 

大事なことはとにかくやってみることなのです。

あ、でも海外に行ってみるのは本当にオススメしません。行くこと自体はいいですが、英語をちゃんと覚えてから行きましょう。

英語を知らずに海外に行ったときの体験を1とするなら、ちゃんと英語が話せて海外に行くのは100くらいの価値があります。

本当です。そのくらいの価値の違いがあります。

 

 

おうちホームステイの漫画を読む

英語を覚えてから海外へ行こう

だから、ちゃんと英語を覚えて行くほうが、いますぐ行くよりもずっと良い体験が出来ると思います。

山内勇樹さんの教材にしてもそうですが、私が経験したからこそこうしてあなたにお伝えできるので、私もあなたに同じ失敗をしてほしくないと思っています。

このサイトに辿り着いているのならば、英語を学ぶモチベーションはある程度ある、ということだと思います。

そのモチベーションがあるうちに、早くいろいろ試してみましょう。

日常に気軽に、手軽に、続けられる教材を見つけることが英語を覚える最初の一歩だと思います。

そこをクリアすることが出来れば、英語が生活習慣になりますので、それほど苦労はなくなると思います。

 

では、あなたが英語の勉強を続けられるように祈ってます。

 

山内勇樹さんが英語がすごいというので実際に使ってみた