英語業界のスペシャリスト山内勇樹さんはトフル指導者

山内勇樹の人物像

山内勇樹の漫画を読む

トフルの指導者「山内勇樹さん」って何者? 英語業界のスペシャリストに着目!

字幕の映画を見ていると、いつか字幕なしで見れたらいいなと思うことはありませんか? 街を歩いているときに外国の方に道を尋ねられたとき、本当は教えてあげたいけれど英語が話せなくて道案内できなかったという経験はありませんか? せめて日常的な英語が話せたらどんなに助かるか、そう考える人はとても多いのです。

英語教諭の間では知名度バツグンの山内勇樹さん

今ひそかにブームが巻き起こっている「おうちホームステイ」をご存知ですか? この英語教材の開発者が山内勇樹さんです。英語教育界では山内さんを知らない人はいません。そのぐらい有名な方です。英語を教える立場の学校の先生や塾の講師などに英語の指導も行っているのを見ても、いかに山内さんの英語レベルが高いかが分かります。これまで指導を受けた経験がないという先生たちでも、日本各地で行われている山内さんの講演会に参加している人も多いと言います。いま日本で行われている英語教育のどこに問題点があるのか、どういった正しい教育なら英語をスムーズに覚えることができるのか、どうれば英語を話せるようになるのかなどを山内さんが教えています。

山内さんの現在の仕事とは?

「おうちホームステイ」の開発者として活動している以外にも、英語を教える教育者として活動しています。コンサルタントという立場で英語を教えているわけですが、有名企業で英語の講習会を実施したり、大学や大学院での指導、さらには官公庁でも英語指導を行っています。

そのほか、一部で個人に向けて指導を行うこともあります。個人指導に関しては特別な位置づけにあるようで、1ヶ月の授業料が150万円から500万円と高額になっているので、外国映画を字幕なしでみたいとか、海外旅行で英語を話したいという場合はちょっと敷居が高いかもしれません。しかし、その授業内容はレベルが高いだけでなく、ビジネスにおける専門分野の英語を学ぶこともできるので、それだけの費用を払う価値はあるでしょう。

ビジネス英語もアカデミック英語もしっかり指導できる実力を持つ山内さんは、このほかにも英語指導に関するサポート事業も立ち上げています。トフルやトイックなどに関するテストのサポートのほか、志望校の絞り込みのサポートまで行っています。受験をするときの出願や面接練習などもサポートしているので、そのきめ細やかなサービスも注目を集めています。

山内勇樹の漫画を読む

山内勇樹さんはトフルスコアアップを可能にしてきた実力者

山内さん自身のトフルスコアもトイックスコアも、どちらも日本最高得点の満点を保持しています。いくらネイティブでも満点を取るのは難しいと言われているのを見ても、いかに山内さんの実力がすごいのかがよくわかります。しかも、トフルもトイックもこれまで山内さんが指導してきたおよそ10,000人以上の人たちがスコアアップに成功しました。オンライン教育も含みます。

なぜこれほどまで実力がある人なのか、そのわけは山内さんが在籍していた大学にありました。世界レベルでみてもトップクラスのカリフォルニア大学ロサンゼルス校で脳神経科学を研究してきた山内さんは、そのとき研究してきたものを応用して今の英語指導を誕生させました。この指導法が英語業界で話題沸騰となっています。多くの人が山内さんから教わりたいと思っているのです。

そんな声にこたえて、山内さんは現代的な英語教育教材のひとつとして「おうちホームステイ」を開発しました。これまで日本で教えていたやり方では生きる英語を身に着けることは難しいのです。山内さんは生きる英語を話せるようになるために科学的に解析してきたやり方を「おうちホームステイ」に詰め込みました。

山内さんは楽々超難関大学に入学できたわけではありません。かつて高校時代はバスケットボールに夢中になるあまり、学校の成績は良くなかったと言います。それでもバスケットボールプレーヤーになる夢を叶えるために練習に打ち込んできましたが、怪我が原因で大学のスポーツ推薦の夢を断念せざるを得ませんでした。ここで諦めないのが山内さんです。次に目指したのはアメリカで選手として活躍することでした。

ところが、アメリカはバスケットボールのレベルが高すぎて夢を叶えることができなかったと言います。今度はバスケットから勉強にスイッチを入れ替えることになります。猛勉強の末に短大からカリフォルニア大学ロサンゼルス校に編入することになったのです。

このとき、徹底して英語の勉強法を研究したと言います。どうすれば効率よく英語を話せるようになるのかを調べた結果、これまでの教育では効率が悪いこと、勉強法を変えるだけで劇的に英語が身につくことを発見したのです。脳神経学科を専攻していたこともこの答えを導き出せたきっかけになったようです。山内さんが英語を勉強していたときよりはるかに効率よく英語を話す力を修得できるのが「おうちホームステイ」というわけです。
山内勇樹の漫画を読む

コメント